現在位置: ホーム ブログ 内部向け動画共有
ブログ

内部向け動画共有

イントラネットにおける情報共有で一つの要素になってきている、動画(ビデオ)をプライベート(内部向け)で配信したいという依頼がでています。

動画はYouTubeなどの公開用のサービスがたくさんあり、インターネット上には無数の動画を閲覧できるようになっています。ユーザもブラウザやスマホ経由で動画を見ることになれてきていると思います。

しかし、動画ストリーミングには専用のサーバが必要であったり、スマホ向けに動画を配信するには指定のHTTPヘッダーを付けるなど工夫が必要です。さらには同時閲覧者数が多い場合や高画質で動画を公開する場合、サーバの負荷がかかってきます。

対応方法1 Plone内部に動画を設置

Ploneは何度もお伝えしている通り、柔軟な閲覧制限が可能です。その機能を活かして、内部で動画ファイルを保持して、FlashやJavaScript、HTML5プレイヤーなどを用いて配信を行うプロダクトを作成しています。

初期は、Flashを用いて、FLVで動画を閲覧できる機能を作りました。

その後、iOS(iPhone や iPad)での閲覧が重要な要素のなってきたため、MP4動画をvideo.jsを用いた配信に改造を行っています。

iOSでは、厳密なrange-headerによる制御が必要です。その部分で苦労をして作っています。

現状は、正式なアドオンプロダクトとしての公開が出来ていませんが、公開できる準備は整えています。ご要望があればご連絡ください。

対応方法2 外部のサーバから配信

Plone内部で動画を持ち配信を行うには、アプリケーションサーバの負荷やネットワーク負荷がネックになります。

そこで、Amazon Web Service(AWS)のCloudFrontを活用し、大規模に配信可能で、閲覧制限を付けた動画配信の仕組みを構築しました。

詳しくは、「Plone + AWS でプライベート動画を管理・配信」をご確認ください。

アドオンプロダクトは、 c2.app.streamingaws で公開しています。AWS側の設定が難しいことや一部機能に未対応の項目があります。

まとめ

今後増えていくであろうと考えている、動画を内部の限られた人だけに配信したいという要望に答えられるようにしています。

上記の2つの方式ともすでに実績を持って運用しています。ご質問があればご気軽にお寄せください。

comments powered by Disqus