現在位置: ホーム ブログ モバイルフレンドリーサイトの構築
ブログ

モバイルフレンドリーサイトの構築

今年の春にGoogleが発表し、2015年4月にアップデートされたGoogleモバイルフレンドリーについて、今年の後半にかけて問い合わせが増えています。

Webの閲覧が、デスクトップやノートパソコンによるPCブラウザ中心から、スマートフォンなどのモバイル端末からのアクセスが大幅に増え、一節によると逆転して、モバイル端末からのアクセスの方が多いとも言われています。

モバイルからのアクセスに利便性の高いサイトを、検索でも優遇しますという発表が上記のアップデートです。

これらにより公開サイト上で、モバイルを意識せざるおえなくなっています。

 

当社では、既存のデザインを活かしつつ、モバイルフレンドリーへの対応を行っています。

Ploneには、Diazoというデザインテンプレートを切り替えられる技術が導入されており、システム側との切り分けが行われています。さらに、正確なHTML及びタグへのID付けなどがあるため、CSSによるデザインコントロールも容易です。

モバイルフレンドリーへの対応を行う際に、レスポンシブデザインを採用し、Topページだけの対応ではなく、サイト全体をレスポンシブデザインに置き換えています。

 

システムの変更なしに、デザインを分離して管理できる仕組みである、Diazoの恩恵が受けられる一つの要素感じています。Diazoを使えば、システムが出力するテンプレートを変更せずにデザインの大幅入れ替えが出来ます。

comments powered by Disqus